MiYoung
美容整形の「今」をリアルに知る!
location
東京都
location
人気のキーワード: 二重 美肌 脂肪吸引
二重
二重
目元
目元
鼻整形
鼻整形
輪郭
輪郭
口元
口元
耳
胸
ボディ
ボディ
医療脱毛
医療脱毛
植毛・育毛
植毛・育毛
女性器
女性器
男性器
男性器
美容歯科
美容歯科
美肌治療
美肌治療
エイジングケア
エイジングケア
その他
その他
二重
二重まぶた
もっと見る>
二重になりたい、目を大きく見せたいという方がどんどん多くなってきています。しかし美容医療が進歩し、プチ整形で簡単に二重になれる今でも、手術に対する不安と悩みをお持ちの方も少なくありません。また、手術なら多少リスクが伴います。二重手術には大きく分けて「埋没法」「切開法」があります。 このページでは二重手術の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項までわかりやすくご紹介します。正しい情報を得て、理想の二重まぶたを手に入れましょう。
監修医師
目元
目頭切開
もっと見る>
目頭に被さる皮膚のことを蒙古ヒダといいます。日本人の多くは蒙古ヒダがあるといわれています。目頭切開はこの蒙古ヒダを小さくする、または取り除くことで目元の印象を変えることができます。二重手術と組み合わせると、大きくパッチリした目元にすることが可能です。特に平行型の二重をご希望の方には、同時に行うことをおすすめします。
監修医師
目尻切開
もっと見る>
目尻を切開して、目を外側に大きく広げる施術です。これにより、切れ長で大きな目を作ることができます。また、目尻からこめかみまでの間隔が短くなることで顔全体のバランスが良くなり、小顔効果も期待できると言われています。人によって効果の大きさは異なりますが、目尻の部分に白目が隠れている人はより大きな変化を期待することができます。
監修医師
眼瞼下垂
もっと見る>
眼瞼下垂(がんけんかすい)は目を開いたときに上まぶたが下がってしまい、黒目にあたる部分が隠されてしまう状態のことをいいます。片側の場合と両側の場合があります。眼瞼下垂は主に先天性眼瞼下垂(生まれつきの眼瞼下垂)と後天性眼瞼下垂(生まれた時は眼瞼下垂はなかったがその後まぶたが下がってきた状態)に分類されます。原因や程度により治療法や治療効果などが異なります。最も頻度が高いのは後天性の眼瞼下垂です。美容外科での治療方法としては大きく挙筋前転法と挙筋短縮法に分けられています。
監修医師
日本人など東洋人はつり目型の方が多くいます。それにより、きつい印象になってしまうことがあります。下眼瞼下制術(たれ目形成)は、下まぶたのラインを下げる事でつり目やキツネ目(スリットアイ)を改善し、華やかで優しい印象の目にする事ができます。目尻切開と同時に行うとより効果的です。
監修医師
目元のたるみ
もっと見る>
目元のたるみは、大きく「目の下のたるみ」と「上まぶたのたるみ」に分けられます。それぞれ原因があるものの、どちらも主な原因は筋肉の衰えです。また、加齢によって肌のハリや弾力が失われることも原因のひとつです。筋肉に働きかける注射や、超音波・高周波を照射する治療、特殊な糸を使用して目元を引き上げる治療、たるんだ皮膚を切開して取り除く手術など、さまざまな治療法の中からお悩みに合わせたものをお選びください。
監修医師
酒井 倫明
くぼみ目
もっと見る>
年齢を重ねるとともに皮膚はハリを失い、まぶたが落ちくぼんで老けて見られる原因になります。目のくぼみは自然に解消されるものではありません。症状が悪化する前に早めの治療をおすすめします。治療方法として、ヒアルロン酸を注入する方法と自己の脂肪細胞を採取して注入する方法があります。またクリニックによって、FGF(線維芽細胞増殖因子)を使ってくぼみ目を改善する方法もあります。
監修医師
脂肪取り
もっと見る>
目元の脂肪取りは、上眼瞼脱脂と下眼瞼脱脂に分類されています。下まぶたや上まぶたには一般的な皮下脂肪は少なく、眼窩脂肪と呼ばれる袋に入った脂肪の塊があります。その脂肪を除去することで、スッキリとした目元にすることができます。上眼瞼脱脂(上まぶたの脂肪とり)は、埋没法による二重を外れにくくする効果もあるため、埋没法と同時に行うことが多いです。
監修医師
涙袋とは下まつ毛のすぐ下にあるふっくらとした部分のことを言います。 涙袋がぷっくりと膨らんでいるほうが目元に立体感が生まれ、自然と微笑んでいるような可愛らしい印象になります。また、涙袋を作ることによって、目の下の小じわを目立たなくする効果も期待できます。涙袋形成には大きく分けて三つの方法が挙げられます。下まぶたに吸収性のヒアルロン酸を注入する一時的な方法と、非吸収性のご自身の脂肪を注入する半永久的方法があります。どちらも自然に仕上がることができ、多くのクリニックで人気が高い施術方法です。そのほか、切開に抵抗なくくっきりとした形の涙袋が欲しい方はプロテーゼ挿入という方法もあります。
監修医師
堀江 義明
目の下のクマ
もっと見る>
目の下のクマは主に3種類に分類されます。①茶クマ:目の下が茶色くくすんで見えるクマ。主にメラニンが原因。②青クマ:目の下が青く見えるクマ。青く見えるのは血管が透けているため。③黒クマ:目の下にくぼみが出来。その陰がクマのように見えている。皮膚のたるみが主な原因。その他にクマの原因とみられるのは眼窩脂肪の変化です。眼窩脂肪が目の下にふくらみとして現れると、黒い影のクマが発生し見た目の印象をグッと老けさせる要因になります。さまざまな治療法の中からお悩みに合わせたものをお選びください。
監修医師
堀江 義明
目尻の小じわ
もっと見る>
目尻の小じわには表情をつくった時にできる表情じわと紫外線、乾燥、肌の老化などの原因でできるちりめんじわの2つのタイプがあります。目元の皮膚は格段に薄い(表皮はわずか0.02mmの厚さです)ので、乾燥しやすく、こすったりするたびに刺激されます。日常生活の中では意識的に保湿、アイクリーム、日焼け止めなどの工夫をすることが大切です。美容外科での治療方法としては、切らない施術のボツリヌストキシン注射と切開する手術のこめかみリフトが行われています。
監修医師
堀江 義明
まつ毛、眉毛
もっと見る>
まつ毛のお悩みで多いのは逆さまつ毛です。逆さまつ毛の改善方法として、まつ毛を抜く方法、切開法、目頭切開法、まつ毛の方向を変えると同時に二重もできる埋没法などがあります。また、まつ毛や眉毛の毛量が少ない(薄い)というお悩みがあります。「まつ毛が少ない」「眉毛が薄い」「左右差がある」「怪我で眉毛が欠損している」など悩んでいる方には、まつ毛・眉毛の植毛がお勧めです。
監修医師
鼻整形
鼻筋を高くする隆鼻術には、プロテーゼの挿入のほか、自家軟骨組織を使用したり、ヒアルロン酸やレディエッセ、エンドプロテーゼなどの素材を注入するなどの方法があります。それぞれ、どのくらい高くできるか、効果がどのくらい持続するか、デザインの細かさなどが異なり、メリット・デメリットが存在します。このページではさまざまな隆鼻術の解説から、手術による効果やリスク、手術前後の注意事項までわかりやすくご紹介します。正しい情報を得て、理想の鼻を手に入れましょう。
監修医師
酒井 直彦
鼻先を整える施術には、鼻先を尖らせる、鼻先を上げる・鼻先を下げるなどの施術があります。わずかな変化で大きく印象が変わります。それぞれのお悩みに応じて治療方法があります。このページでは様々な鼻先形成手術の解説から、手術による効果やリスク、もしくは手術前後の注意事項までわかりやすくご紹介します。
監修医師
酒井 直彦
小鼻(鼻翼)とは鼻の下部で左右に膨らんだところ、また鼻孔の上の小高いところを表しています。横に広がっている小鼻を縮小してボリュームを減らしたり(小鼻縮小術)、下向きである小鼻を上向きにしたりして(鼻翼挙上術)、鼻全体の印象が変えられます。鼻筋を整える隆鼻術(シリコンプロテーゼ)と組み合わせることで、鼻全体をスッキリ整えることができます。
監修医師
酒井 直彦
鼻孔縁とは鼻の穴のふちの部分を言います。鼻孔縁が上がりすぎていたり、下がりすぎていると、正面から鼻の穴が見えてしまい、逆に鼻の穴がかぶさって見えにくくなってしまいます。そのようなお悩みに対して、鼻孔縁形成術が適応になります。鼻孔縁形成術とは、鼻孔縁にご自身の軟骨や医療用の人工軟骨を移植して鼻孔縁を下げたり(鼻孔縁下降術)、鼻孔縁の組織の一部を切除することで鼻孔縁を挙げたり(鼻孔縁挙上)する手術です。どちらも鼻孔縁を整えるための施術になります。
監修医師
酒井 直彦
鼻翼基部
もっと見る>
鼻翼基部は小鼻の下の付け根部分のことです。鼻翼基部の位置が低いと、全体的に立体感のない、平面的な顔立ちになります。また、鼻翼基部はほうれい線が始まる部分なので、低いとタルミがなくても法令線が深く見えてしまいます。鼻翼基部に立体感を出し、凹みを持ち上げて高くする方法として、シリコンプロテーゼの挿入、自家組織移植、ヒアルロン酸注射があります。
監修医師
酒井 直彦
鼻骨は鼻腔を上前方から覆う骨で、左右に1対あり、眉間の直下に位置します。上部は狭くて厚く、下部は広くて薄いです。他の骨と同様に、鼻骨の長径や横径、彎曲度にも個人差があります。鼻筋が太い、もしくは変形して曲がっているなどのお悩みは、手術によって解消することができます。
監修医師
酒井 直彦
輪郭
輪郭・顎
もっと見る>
輪郭・顎を整える施術には、頬骨の突出している部位を小さくする、下顎角(エラ)の突出している部位を小さくする、顎を短くする、顎を引っ込める、顎を細くする、顎を前に出す、顎を長くする、下顎全体の突出、下顎角部角度の開大(ロングフェイス)、下顎歯列弓アーチの過大、長いフェイスラインの改善などの施術があります。それぞれのお悩みに応じて適した治療があります。このページでは様々な輪郭・顎を整える施術の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。正しい情報を得て、理想のフェスラインを手に入れるためにぜひ参考にしてください。
監修医師
輪郭のプチ整形
もっと見る>
輪郭のプチ整形はヒアルロン酸注射、顔の脂肪吸引、脂肪分解注射、顔の脂肪注入、エラボトックス注射、レディエッセ注入などによるプチ整形です。アゴへの注入で小顔に、ホホやこめかみへの注入で若々しい印象に。お顔のバランスを整える「輪郭のプチ整形」は、ダウンタイムが少なく自然な仕上がりが特徴です。 それぞれのお悩みに応じて適した治療があります。 このページでは様々な輪郭のプチ整形の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。正しい情報を得て、理想のフェスラインを手に入れるためにぜひ参考にしてください。
監修医師
額(ひたい)は、顔の印象や雰囲気に大きく影響を与えます。額形成に関する施術は大きく三種類に分けられます。一つは平らな額を丸くしたい方に適している額増大術です。額を出すことによって、女性らしく可愛らしいおでこやハーフのような彫りの深い顔の印象に導くことができます。二つ目は前頭洞骨切りです。東洋人には比較的少ないですが、眉毛上部が突出していると表情が険しく見えがちです。 前額部の骨切りを行い、女性らしい優しげな表情に改善することができます。三つ目は加齢などにより、凹んでしまったこめかみを膨らませるこめかみ形成術です。滑らかな輪郭ラインを形成させ、若々しい印象を与えることができます。
監修医師
酒井 倫明
口元
人中(じんちゅう)は顔の真ん中に位置しているため、自然に目が行きやすい部位であり、顔全体の印象を左右することもあります。人中が長い場合、顔全体にどこか抜けた感じの印象を与えてしまうことがあります。そこで、人中を短くすることで引き締まった若々しい口元を手に入れることができます。
監修医師
酒井 倫明
口の形を整える施術には、薄い唇をふっくら厚く、アヒル口になる施術、赤唇を厚くする口唇拡大術、逆に厚くぼってりした唇を薄く口唇縮小術、笑うと歯が見えるガミースマイル修正、下がっている口角を上げる口角挙上などがあります。 女性に人気の高い唇の美容整形には、注入のほか手術による方法もあります。どちらも一長一短なので、それぞれの治療法の特徴をしっかり理解する上で検討するようにしてください。 このページでは様々な唇施術の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。正しい情報を得て、理想の口唇を手に入れるためにぜひ参考にしてください。
監修医師
耳の整形で多いのが立ち耳です。切らずに修正する埋没法や切開法による修正術があります。また、耳の前にできるイボ状に突起した副耳を切除する施術も美容整形のひとつです。顔と耳のバランスが整うと印象も変わります。このページでは様々な耳修正施術の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで、分かりやすくご紹介します。正しい情報を得て、理想の耳の形を手に入れるためにぜひ参考にしてください。
監修医師
美容クリニックでは、ピアスホールを開けるだけでなく、開けた後のトラブルにも対応した治療が受けられます。このページでは様々な耳たぶに関する施術の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ぜひ参考にしてください。
監修医師
豊胸手術には、大きく分けて脂肪注入、インプラント(豊胸バッグ)挿入、ヒアルロン酸注入の3つの方法があります。近年は脂肪注入のノウハウが蓄積され、よい結果を出すことが多くなってきました。ご自身の希望や理想をしっかりと見据えた上で、ご自身に合った施術方法をお選びください。このページでは様々な豊胸術の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。
監修医師
酒井 直彦
乳頭とは、いわゆる乳首の部分です。乳房の大きさや形に比べて、乳頭や乳輪が大きいとアンバランスな印象に見えてしまいます。また、乳頭が陥没したり、モントゴメリー腺の肥大、乳頭・乳輪の黒ずみが気になるなどのお悩みを抱えている女性が多くいらっしゃいます。ご自身のお悩みに合わせて、最適な治療方法をお選びください。このページでは様々な乳首に関する手術の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。
監修医師
酒井 直彦
乳房は女性にとって精神的にも大きな意味を持つ重要な部位です。バストが大きすぎる、下垂している、失ったり変形した乳房を取り戻したいなど、これらのお悩みは美容クリニックで治療ができます。このページでは様々な乳房に関する手術の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。
監修医師
酒井 直彦
ボディ
「美しいボディラインが欲しい」、「ダイエットしたがなかなか痩せない」など悩んでいる方には医療的なアプローチをお勧めします。痩身治療は大まかに脂肪吸引と切らない施術に分けられています。脂肪吸引はベーザー脂肪吸引とボデイジェット脂肪吸引などの種類があります。いずれも皮下脂肪を物理的に吸い出す方法で、効果が比較的高いですがリスクや副作用も伴うので、よく調べた上で選びましょう。脂肪吸引の他に、超音波で脂肪を破壊するウルトラアクセント、メディカルキャビテーションや、低温で脂肪を凍らせるクールスカルプテイング、注射系(ボトックス注射、脂肪溶解注射)、食欲抑制剤などの治療方法があります。皮膚を切開する必要はないので、ダウンタイムは比較的短い分、痩身効果は脂肪吸引より劣っています。もちろん個人差はあるため、必ずしも脂肪吸引が最適とは言えません。施術のリスクと効果、医師の腕なども考慮した上で選んでください。
監修医師
体型や肌色やなど、ボディの悩みを抱えている人は少なくありません。この分類では部位ごとにそれぞれのお悩みと改善方法をご紹介します。例えば、腹部の脂肪ではなく、皮膚のたるみに悩んでいる方もいるでしょう。特に帝王切開で腹部が弛んできて、見た目にコンプレックスがある方や妊娠線を改善したい方には腹部リダクションという選択肢があります。腹部の脂肪と弛んだ皮膚を切り取ることで、ウエストサイズはダウンします。またボディラインもキレイになります。その他に、お尻の形を良くしたい方もいらっしゃいます。ヒアルロン酸注入、シリコンバック挿入、脂肪注入などで実現できます。ご希望に応じて、最適な施術方法をお選びください。
監修医師
ワキガ・多汗症
もっと見る>
ワキガ、多汗症の原因となるのはアポクリン腺とエクリン腺です。ほとんどの治療はこのニオイの元となるアポクリン腺と汗の元となるエクリン腺を除去する方法を講じています。皮膚を切開して目視で汗腺を切除する剪除法、ワキの皮膚を小さく切開して吸引器で汗腺を吸い取る吸引法、マイクロ波、高周波、レーザーなどを汗腺に照射し汗腺を破壊する方法、ボトックス注射などの方法があげられます。どちらの方法でもワキのニオイを100%なくすことは保証できませんが、ワキガ、多汗症を軽減できます。治療方法によって、複数回通院することはあります。ご希望にお応じて、施術方法を選んでいただけます。
監修医師
刺青(タトゥー)除去
もっと見る>
医療的なアプローチで刺青を除去することは可能です。刺青(タトゥー)部分の皮膚を切除する方法、刺青のない部分の皮膚を移植する植皮法など皮膚を切開する手術とレーザーで除去する切らない施術があります。大きさや色によって施術方法が異なるため、ご自身の状態に合った最適な方法をお選びください。
監修医師
傷跡治療・ケロイド
もっと見る>
監修医師
医療脱毛
レーザー脱毛
もっと見る>
医療レーザー脱毛は医療機関でしか行うことができない医療行為です。安全性が高く、効果も認められているのが特徴の一つです。高出力のレーザーを皮膚や毛に含まれている黒色のメラニン色素に照射し、毛母細胞にダメージを与え、毛の再生を抑制することで脱毛効果を実現できます。レーザーの種類や脱毛器の種類はクリニックによって異なります。このページでは様々な医療脱毛に関する解説から施術による効果やリスク、施術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご希望に応じて、最適な施術方法をお選びください。
監修医師
光脱毛はレーザー脱毛と同じように、メラニン色素に反応した光を使用しています。一方、レーザー脱毛と異なっているのは出力が低く、複数の波長の光を広範囲に照射するということです。そのため、痛みは少ないですが、脱毛効果は低いです。また白髪や薄い産毛には対応できません。低出力のため、エステサロンで行うことが多いです。フラッシュ脱毛・IPL脱毛・I2IPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛などの種類があります。
監修医師
高周波脱毛
もっと見る>
高周波脱毛は高周波を使った脱毛方法です。広範囲の波長帯をカバーし、熱エネルギーによりメラニン色素に反応しにくい産毛や白髪などの毛の毛根から効率よく脱毛していくことができます。このページでは高周波脱毛の解説から施術による効果やリスク、施術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ツルツル美肌を手に入れるため、ぜひ参考にしてください。
監修医師
針脱毛(ニードル脱毛)
もっと見る>
針脱毛は毛の生えている毛穴1つ1つに針を挿入し、微弱電流を流し毛母細胞と毛根を破壊する脱毛方法です。そのため、1本ずつ確実に脱毛することができます。このページでは針脱毛の解説から施術による効果やリスク、施術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ツルツル美肌を手に入れるため、ぜひ参考にしてください。
監修医師
植毛・育毛
植毛は、AGAの影響を受けていない部分の毛髪をそのまま、あるいは人工合成繊維(ナイロン・ポリエステル)で作った毛髪を薄い箇所に外科的オペで移植する方法です。このページでは二つの植毛の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご自身の状態に合った最適な治療方法をお選びください。
監修医師
薄毛治療・AGA・発毛
もっと見る>
20代~40代の男性が早い段階で退毛期に入り、前頭部・頭頂部の毛が抜け落ちていく症状は男性ホルモンの関係とされ、内服や外用薬を利用してこのホルモンを抑制することでAGA対策に繋がります。このページでは薄毛治療の解説から治療による効果やリスク、使用前後の注意事項まで、分かりやすくご紹介します。正しい情報を得て、薄毛を改善するために、ぜひ参考にしてください。
監修医師
女性器
小陰唇は女性器の一部で、大陰唇の内側にある左右一対のヒダ状のものを指します。小陰唇の大きさは思春期を境に大きくなっていくとされており、ほとんどの場合は20歳頃には形や大きさが完成します。多くは遺伝により大きさが決まりますが、かぶれやこすれによる炎症や出産時に裂けてしまうなどの原因により、肥大化したり変形したりします。肥大化していると、下着に擦れて違和感や痛みを感じます。このように機能的な問題の改善を目的に小陰唇を小さくする手術を行います。また、審美的な目的でも同様の治療を行います。このページでは小陰唇縮小に関する手術の詳細から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。
監修医師
奥村智子
クリトリス
もっと見る>
クリトリスは女性器の一番上にある突起で、性行為の際に女性の感度と多く関係のある部分です。クリトリスを覆っている外側の皮膚を包皮といいます。また小陰唇と連続していて、包皮の周囲にあるヒダのことを副皮といいます。包皮が厚く肥大化している場合や副皮がある場合は、包皮の内側と包皮と副皮の間に垢が溜まりやすく、普段のケアもしづらく、菌が繁殖し、においや炎症が起きる原因となります。また包皮や副皮が厚く性行為の時に刺激が伝わりづらかったり、性的な興奮時に露出しづらいクリトリス包茎の状態では感度が低下してしまうことがあります。このような症状を改善する目的で、クリトリス包皮切除術と副皮切除術を行います。
監修医師
奥村智子
大陰唇とは太もも付け根と小陰唇の間にある、ふっくらした部分のことです。大陰唇のふくらみは、脂肪のクッション性によって、内側にある腟口や尿道を保護する大切な役割を担っています。大陰唇のボリュームやハリがなくなると、内側にある小陰唇が露出し、下着に擦れて痛みを伴ったり、トラブルを生じることがあります。大陰唇の大きさを整え、ハリを戻すには大陰唇増大術が適応になります。また大陰唇が大きすぎると、中が隠れるようになってしまうため、汚れが溜まりやすく悪臭がしたり排尿や性行為に影響がある可能性があります。この場合は大陰唇縮小術で改善することができます。
監修医師
奥村智子
処女膜とは、腟の入り口付近にある薄い粘膜のひだで、完全に塞がっているのではなく、中央に穴があって外部と通じています。運動などで簡単に破れてしまうこともありますが、多くは初めての性行為の際に破れて出血します。しかし、先天的に処女膜が硬いケースがあります。その場合は簡単には破れず酷い痛みを伴うため、性行為が困難になります。それだけではなく、子宮がん検診や経腟エコー検査なども受けることが困難なケースもあるため婦人科疾患を見逃す可能性もあります。                               処女膜は再生術もあります。破れた後に再生させ、性行為の際に出血を生じさせることができます。 このページでは処女膜に関する手術の詳細から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご希望に応じて、最適な手術方法をお選びください。
監修医師
奥村智子
膣縮小・膣圧アップ
もっと見る>
腟縮小はゆるんだ筋肉を引き締め直し、形態的だけでなく機能的にも改善してくれる腟整形と呼ばれる手術です。腟縮小・腟圧アップの手術にはいくつかの種類があります。メスを使った本格的な腟縮小手術、プチ腟縮小注入法とレーザー治療などがあります。 このページでは腟に関する手術の詳細から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご希望に応じて、最適な手術方法をお選びください。
監修医師
奥村智子
監修医師
女性器のお悩みとして、性交時にまったく性的快感を感じることがない不感症があります。不感症に対してGスポットにヒアルロン酸を注入する治療やクリトリス包茎術があります。 このページではこのようなお悩みを改善する手術の詳細から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご希望に応じて、最適な手術方法をお選びください。
監修医師
奥村智子
男性器
パワーアップ
もっと見る>
包茎治療以外でも、ペニスを改造することでパートナーを喜ばせたいとお考えの方が近年増えています。男性器のパワーアップとは、パートナーとの性生活を充実させるための施術です。具体的に分けると、陰茎延長術、亀頭増大術とシリコンボール挿入術があります。どれも半永久的な効果が期待されます。このページではパワーアップに関する施術の詳細から施術による効果やリスク、施術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご希望に応じて、最適な施術方法をお選びください。
監修医師
監修医師
お悩み改善
もっと見る>
男性は潜在的に多くのお悩みを抱えています。そしてそれは女性と比べて、相談する窓口も少ないのが現状です。特に性交時の悩みはパートナーにさえ話せない男性も少なくありません。このページでは男性器に関する様々なお悩みを改善する施術の詳細から施術による効果やリスク、施術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご希望に応じて、最適な施術方法をお選びください。
監修医師
美容歯科
ホワイトニング
もっと見る>
歯の色は見た目の印象を大きく左右します。もともと歯の色は黄色っぽいですが、加齢や生活習慣などによって黄ばんでしまいます。ホワイトニングとは歯を削ることなくホワイトニング剤で黄ばみや着色を取り除き、歯を白くさせる方法です。歯医者さんで行なうオフィスホワイトニングと自宅で行なうホームホワイトニング、両方を組み合わせたデュアルホワイトニングの三つの種類があります。このページではホワイトニングに関する施術の詳細から施術による効果やリスク、施術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご希望に応じて、最適な施術方法をお選びください。
監修医師
矯正歯科
もっと見る>
矯正歯科とは、矯正装置によって、歯の不正咬合(歯の並びや噛合せが悪いこと)を改善する歯科治療のことです。一般的な治療方法としてはワイヤー矯正とマウスピース矯正が挙げられます。症例の難易度が高い場合、顎変形症と診断された場合は外科矯正が適応となります。上顎前突症、上顎後退症など顎の位置や大きさに異常がある場合は矯正装置を付けるだけでは改善できないため、外科手術と合わせて治療する必要があります。ご自身の状態に合わせて、最適な施術方法をお選びください。
監修医師
補綴治療
もっと見る>
補綴治療とは怪我、虫歯、歯周病などの原因で失われた歯を人工の歯で補うことです。問題となった歯をそのまま放っておくと、咬み合わせや歯並びに悪い影響を与えることがあります。補綴治療をすることで機能を回復することができます。このページでは補綴治療に関する施術の詳細から施術による効果やリスク、施術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご自身の状態に合わせて、最適な施術方法をお選びください。
監修医師
美肌治療
ニキビ・ニキビ跡
もっと見る>
ニキビ・ニキビ跡は、若年層だけのお悩みではなく、アダルトニキビという大人のニキビにお悩みの方も多くいらっしゃいます。また、ニキビができた後に伴うニキビ跡もお悩みのひとつです。このページではニキビ・ニキビ跡に関する施術の解説から施術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご自身の状態に合った最適な施術方法をお選びください。
監修医師
ホクロ・あざ・イボ
もっと見る>
ホクロ・あざ・イボは、場所や大きさ・数によっては印象に影響を与え、とても気になるものです。治療方法は大きく分けて2つあります。平らなものから膨らんだもの、黒いものから茶褐色や肌色のものと、さまざまな形態のものがあります。いずれも小さいものはレーザーで除去していきます。大きなもの(部位にもよりますが5㎜以上が目安)になるとレーザーで取れてもその後の傷あととして目立つことが予想されますので、このような時は切除縫縮を選択していきます。このページではそれらの治療方法の解説から治療による効果やリスク、治療前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご自身の状態に合った最適な治療方法をお選びください。
監修医師
シミ・肝斑・毛穴
もっと見る>
一口にシミといっても、シミの種類は多くあるので、シミの改善には種類ごとに適切な治療が必要となります。シミと一般的に言われているものは、「老人性色素斑」が多く、中には肝斑と識別しにくいものもあります。間違った診断をしてしまうと、治療を行ったときに逆に悪化してしまうこともあります。正確に診断した上で、正しい治療と予防法を行うことで、美肌へと導くことができます。また、毛穴の症状や原因も様々で、適切な治療を行うことが大切です。このページではシミ・肝斑・毛穴に関する治療の解説から治療による効果やリスク、治療前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご自身の状態に合った最適な治療方法をお選びください。
監修医師
監修医師
エイジングケア
たるみ・しわ・法令線
もっと見る>
お肌の乾燥、紫外線によるダメージ、睡眠不足、喫煙、ストレス、表情筋や皮下組織の衰えなどさまざまな原因で肌のたるみ、シワ、ほうれい線などが目立つようになってしまいます。化粧品だけでは改善できない肌のトラブルが生じる場合は美容クリニックを希望する方が多くなってきます。改善方法としては切開しない施術と切開する施術に分けられます。このページではたるみ・シワ・ほうれい線に関する施術の解説から施術による効果やリスク、施術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご自身の状態に合った最適な施術方法をお選びください。
監修医師
池田 欣生
美容点滴
もっと見る>
美容点滴は有効成分を点滴で身体に直接投与する治療法です。不足している栄養成分を体内から吸収するため、効率よく補充できます。ご希望に応じて、美肌、アンチエイジング、疲労回復、体質の改善などの効果が得られます。このページでは美容点滴に関する解説から施術による効果やリスク、施術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。ご自身の状態に合った最適な方法をお選びください。
監修医師
池田 欣生
再生医療
もっと見る>
再生医療は細胞や組織を体外で培養して、身体に移植する医療のことを指しています。損なわれた組織や臓器の働きを再生させ、老化した組織を補修し、自分の力で自分を治療する目的を目指します。自己脂肪由来の間葉系幹細胞点滴療法、繊維芽細胞療法、PRP(多血小板血漿)療法などがあります。このページではPRPの解説から施術による効果やリスク、施術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。
監修医師
池田 欣生
その他
「おへそをきれいに見せたい」という人がとても増えています。でべそを治したい方や妊娠や肥満でおへそが飛び出してしまったなどのお悩みは手術で綺麗に整えることができます。このページではへそ形成の解説から手術による効果やリスク、手術前後の注意事項まで分かりやすくご紹介します。
監修医師
アートメイク
もっと見る>
アートメイクは専用の針で皮膚の浅い部分に色素を入れて、アイラインやアイブロウを描く施術です。水や皮脂で落ちることはないため、普段の化粧の手間が省けるだけではなく、素顔に自信を持つようになるケースも多いです。刺青とは違い、浅い部分に着色するため、肌のターンオーバーによって少しずつ薄くなっていきます。仕上がりは個人差があり、似合っていない場合や不自然な場合は除去したり修正したりすることが容易ではありませんので、医療機関で経験豊富な医師・看護師を選んで施術を決めましょう。
監修医師
top